住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-3-11 0:00
見出し
覚悟
リンクURL
http://tanba.jp/modules/column/index.php?page=article&storyid=5269 覚悟への外部リンク
記事詳細
 伊藤肇氏の著書にこんな話が載っていた。かつて心から日本を愛したものの、ぜいたくに溺れるようになった日本人の変貌ぶりに失望し、帰国した文明批評家のJ・カーカップが発した予言だ。  「日本人は今、有史以来の濫費熱にうかされている。日本人は、いったん極端に走り出すと、必然的に不幸なことが起こるまで彼らは止まらないのだ。あまりに残酷で、ひどいことだが、破壊的な大地震などが日本の救いになるかもしれない」。  1971年発行の『日本随想』にある一文らしい。時は高度成長期。むごいことだが、大地震でも起きないと、日本人は覚醒しないとした。予言から半世紀。不幸にも私たちは幾度も大地震を経験した。しかし、はたして覚醒したか。  東日本大震災のあと、脚本家の倉本聰氏は、私達には覚悟が求められていると説いた(『ヒトに問う』)。これまで通り原発に頼って経済優先の暮らしを求めるか。その場合、想定外の事故に遭遇する可能性があるが、その覚悟があるか。それとも、現在享受している便利さを捨てる覚悟があるか。  倉本氏のテレビドラマの脚本『北の国から』にこんな一節がある。「電気がない?電気がなかったら暮らせませんよ!」「そんなことないですよ」「夜になったらどうするの!」「夜になったら、眠るンです」。(Y)