住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-12-30 21:52
見出し
移住希望地ランキングに異変、地方を目指す若者世代の実態
リンクURL
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620/4003985#4003985 移住希望地ランキングに異変、地方を目指す若者世代の実態への外部リンク
記事詳細
ビオファーム丹波 移住希望地ランキングに異変、地方を目指す若者世代の実態 週刊ダイヤモンド編集部 中高年は支援体制を若者は夢の実現の可能性を気にする あらためて3位に飛び込んだ島根を見てみよう。人口は全国46位、都会から遠く離れた山陰の県に、なぜ若者たちは移住するのか。 大手広告代理店に勤務する東京出身のデザイナー、南貴博さん(39歳)はこの春、会社を辞めて妻と2人で島根県隠岐郡海士町(おきぐんあまちょう)に移住する。島根本土から60キロメートル、日本海に浮かぶ隠岐諸島の島だ。 海士町の魅力を、「海がきれいで、食べ物もおいしい、人が素晴らしい」と南さん(左)。海士町の海岸にて 「会社を辞めて独立したいと漠然と思っていましたが、地方移住は全く考えていなかった。昨年夏、海士町に移住している友達のところに遊びに行き、一気に引かれましたね。 島の人、移住した人、インターンシップに来た人、いろんな人を紹介され、みんながすごく楽しみながら素晴らしい仕事をしているのを見て、『何なんだ、この面白い島は!』って。そして『日本の地方ってこんなに豊かな...