住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-10-19 16:11
見出し
「誰でもが使える、役に立つ」へ―パナソニック による“農のICT化”
リンクURL
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620/4002771#4002771 「誰でもが使える、役に立つ」へ―パナソニック による“農のICT化”への外部リンク
記事詳細
「誰でもが使える、役に立つ」へ―パナソニック による“農のICT化” 「お客様第一」の哲学と、高い技術力で世界中にファンを持つパナソニック。近年は全カンパニーで、農業分野へ積極的に取り組んでいます。「パナソニックでなぜ農業?」という声も挙がりそうですが、実はパナソニックは1967年に害虫誘引灯を発売するなど、農業分野には長い歴史を持っています。 なかでも「オーブン電子レンジ」や「炊飯器」などの調理家電を世に送り出してきた、家電事業を手掛けるアプライアンス社が注力するのは、双方向クラウド型農業管理システムIT農業「栽培ナビ」。作業履歴やデータ取得・活用を通し生産者の課題解決に向けて提供しています。家電事業で培った、次世代の“農と食”を豊かにする技術と想いに迫りました。 IT農業「栽培ナビ」とは 栽培環境をセンシングするセンサーと連携して栽培データを取得し、出荷予定や販売計画を立てやすくする「圃場の見える化」。クラウドサービスを介して営農指導員と生産者をつなげ、病害虫の被害を受けた作物の画像の送信などから、生産者が迅速且つ正確な栽培技術の助言を受けられる「営...