住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-2-24 19:40
見出し
美東ごぼうをつなぐ
リンクURL
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620/3999141#3999141 美東ごぼうをつなぐへの外部リンク
記事詳細
美東ごぼうをつなぐ 〝継続は力なり〟 次に魚住さんが向かったのが堀田さんのごぼう畑だ。美東ごぼうの出荷時期は10月~12月。現地では収穫シーズン真っ只中で、魚住さんには収穫を体験していただいた。が、畑と言っても油圧ショベルが赤土を掘り起こしている風景から、収穫の2文字をイメージすることは難しい。 それでいて、作業は慎重さが求められる。油圧ショベルはごぼうを傷つけないように1列に掘り進め、掘った側面にある美東ごぼうを二人一組で掘っていく。いや、はがしていくという表現が近いかもしれない。 魚住さんも堀田さんとタッグを組んで収穫に挑戦。最初はおそるおそる赤土と格闘していた魚住さん、カタチの良い美東ごぼうをきれいに取り出すと「収穫がこんなにたいへんな仕事だとは思いませんでした。 でも、土いじりは大人も夢中にさせる魅力がありますね。このまま1列ずっと収穫を続けたくなりました」と堀田さんを笑わせていた。この道20年のキャリアを持つ堀田さんでさえ、美東ごぼうは収穫してみるまで出来映えはわからないことが多いという。 写真2 魚住りえさん土まみれで収穫に挑戦...