住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-1-7 9:00
見出し
広島大学工学部 山口拓海さん(東広島市)
リンクURL
http://tanba.jp/modules/about/index.php?page=article&storyid=705 広島大学工学部 山口拓海さん(東広島市)への外部リンク
記事詳細
“鳥人間”2年連続出場  広島大学工学部の人力飛行機制作・設計チーム「HUES(ヒューズ)」のエンジニア。夏に琵琶湖で行われる「IWATANIスペシャル鳥人間コンテスト」の「人力プロペラ機ディスタンス部門」に昨年、一昨年と2年連続で出場し、機体とともに思いをはばたかせた。  飛行機へのあこがれは小学生の時に見たドラマ。パイロットや整備士など、飛行機にかかわる人々の情熱に心打たれた。以来、モノづくりに関心を抱き、同大学へ進学し、プロペラを2基つけたチーム伝統の双発機の開発に携わるようになった。  チームでは翼を制作する「翼班」に所属する。昨夏のコンテストでは、3回生としてリーダー的な役割をこなし、主翼の設計を担当したが、記録は1075メートルと振るわず。「もっと飛べると思っていたので、ショックでしたね」と振り返る。  年末には、母校の三田祥雲館高校で小学生や高校生を前に講演。目標や夢の大切さを語り、「きっかけのつかみ方」として、▽興味を持ったことについて知ろうとする心▽チャレンジする心▽継続してがんばる心―の3つを紹介し、「世界にはたくさんの情報があるけれど、自分から知ろうとしないとわからないことだらけ。興味のあるものを見つけて、とことん知ろうとして」と呼び掛けた。  最終学年となる今年は就職活動も始まることから、チームのメーンは下級生に譲るが、アドバイス役としてかかわりながら、3度目の琵琶湖を目指す。  希望の就職先はまだ決めていないが、「モノづくりにはかかわりたいし、夢のあることを続けていきたいなと思います」。  20歳。篠山市今田町木津出身。