住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2018-2-6 15:35
見出し
水道管の凍結防止方法
リンクURL
http://t-kodomo.jp/19643 水道管の凍結防止方法への外部リンク
記事詳細

丹波市の冬の寒さで水道管が凍結してしまうことがありますね。

気温がマイナス4度以下になると、給水管・水道メーター・蛇口などが凍って破裂することがあります。
特に屋外にある水道の蛇口などは防寒対策が必要です。

空き家や地域の公共施設など、毎日使用しない建物は、凍結による水道管の破損の恐れがあります。止水栓を閉めるか、定期的に確認をしましょう。

【防寒方法】

水道管に保温材や毛布などを巻いて保温しましょう。水道メーターボックスの中には、布や発砲スチロールなどを入れて防寒しましょう。

【凍結して水がでないときは】

凍った部分にタオルなどをかぶせて、蛇口のほうからぬるま湯をゆっくりかけてください。熱湯を急にかけると水道管がひび割れたり、破裂したりすることがあります。

【ひび割れや破損したときは】

水道のメーターボックス内の止水栓を閉めて、破裂、ひび割れした箇所に布やテープを巻いて応急処置をし、市の指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。