住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2017-3-13 6:00
見出し
母屋と離れを繋ぐ
リンクURL
http://www.ashida-as.com/modules/blog/?p=4125 母屋と離れを繋ぐへの外部リンク
記事詳細

 

陽だまりで繋ぎました2陽だまりで繋ぎました

 

 

外のデッキが意外な場所になることもあります。

母屋の目の前に建つ離れとの仲を取り持つのが

こちらのお住まいのデッキです。

母屋が木造、離れがRC(鉄筋コンクリート)造

の異種構造です。

母屋の南側にある場所ですので、

母屋の陽射しを稼ぐ目的もありますが、

エントランスと呼べる概念が無いようにも見える

離れへのアクセスを、どのように解決すべきか

迷いましたが、用途を兼ねることで、

解決出来たのではないか?と思います。

デッキの東側には外物置となるスペースがあります。

ここにお金を掛けたくないけども、母屋、デッキとの

一体感を損ねないようにと考えたのが

既製品の勝手口用アルミ戸のガラスの部分に

板を張る方法で、この手法は後々、

何度も登場することになりました。


◆ 編集後記

先日、村の峠道の清掃作業に参加しました。

毎回、色んな物が捨てられていて、拾うのに苦労します。

足場の悪い、急な斜面を女性や子供も下りて行きます。

滑って谷底に落ちていきそうな思いで拾います。

捨てる人は、どのような気持ちで捨てているのでしょう?

捨てられたゴミは軽自動車数台で30分ほど掛けて

市の処分場まで運んでいます。


メルマガバナー

◆ メルマガのお知らせ

ご登録いただいたあなたに、無料特典を差し上げます。

「木の住まいを永く大切に住まう」

木の住まいを40棟以上設計監理し

物件調査も40件以上を見てきた目で見た、感じた、

体験した、経験と独自の視点でまとめ上げた

あなたの住まいを永く愛していただくためのレポートです。

この機会に、是非ご登録ください。

ご登録は こちら からお願いします。