住み継ぐ暮らし Living for Generations to Come 岸下建設株式会社

住まいづくりのコンダクター芦田成人建築設計事務所

パソコンとスマートフォンのウィルス対策大丈夫ですか?
あっぷ丹波がお奨めするウィルス対策ソフトはこちら
今なら1台あたり年額約450円から
さらにさらに期間限定で1台あたり年317円!!

オルビス

切り抜き詳細

発行日時
2017-1-19 23:14
見出し
くるりが好き。
リンクURL
http://fukikeisuke.hatenablog.com/entry/2017/01/19/231405 くるりが好き。への外部リンク
記事詳細

ども!

 

40年ぶり?

とか言われるくらいの大雪に見舞われている婦木農場です。

ハウスもいくつかつぶれましたが、

自然災害はどうしようもないし、

誰もケガしなかったので、よかったなーと思いました。

まぁやるしかないんでいつも通り頑張ります。

 

さて、今回は好きな音楽です。

とりあえず新曲聴いてみてくださいませ。

 


くるり - 琥珀色の街、上海蟹の朝 / Quruli - Amber Colored City, The Morning of The Shanghai Crab (Japanese ver.)

 

 

皆さんご存知、京都出身のバンド、くるりです。

 ギター、ボーカルの岸田さん、

ベースの佐藤さん、

トランペット、キーボードのファンファンさんの3人組です。

 

私の仕事は結構単純なので、

いつも何かしら音楽を聴きながら楽しくやっているのですが、

そんな中、すごく不思議な音楽に出会ったのが2年ほど前。

 

THE PIER (初回限定盤)

THE PIER (初回限定盤)

 

 

以前から「シャツを洗えば」だけは聴いていたんですが、

このアルバムが一曲目から、

これまでのくるりのイメージとは全く違う音楽だったので、

ほんまにくるりか?!と、びっくりしました。

音楽の知識はないので、詳しいことはわかりませんが、

『なんかすごい』感じがありました。

 

収録曲のミュージックビデオも見つけたので、よければ⇩

 


くるり-Liberty&Gravity / Quruli-Liberty&Gravity

 

まあMVは意味不明ですし、

歌詞もいまいちよくわからないですねw

 

でもなんかすごい、最初に張った新曲もラップ調で、

うまく言えんけど、なんかすごいねん…。

 

 

そんなことを思っていたら、ちょうどいい本があり、

ちゃっかりアマゾンしてしまいました。

 

くるりのこと

くるりのこと

 

 昨年デビュー20周年を迎え、

インタビュー形式で活動を振り返った一冊。

今までのアルバム制作の裏話や曲への思い、

入れ替わりが激しいメンバーのことを知れて面白かったです。

「なんかすごい」という先ほどのアルバムも、かなり新しい試みが取り入れられていたようです。読んでもようわからんけども。

 

読みながら過去のアルバムも聞いていたのですが、

私は『ワルツを踊れ』が大好きになりました。

 

ワルツを踊れ Tanz Walzer

ワルツを踊れ Tanz Walzer

 

 

 

  

 まあとにかく、私はくるりが好きです。

皆さんは好きなアルバムや曲はありますか?

もしあったら教えてほしいなぁー。

「それねー!最高やん!」って言いたい。

まだライブに行けてないので、今年はどこかでいけないかと企んでいます。

みなさんもいろんな曲聴いてみてくださーい。